blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

「アキラとあきら」池井戸潤

零細企業の倅と大手企業の御曹司を主人公にした銀行員と経営者のお話。おもしろかったけどわりとあっさり。


幼いころの君は、どんな音を聴いていた?幼いころの君は、どんな匂いを嗅いでいた?

その態度だ。一旦顧客を舐めた営業マンは、二度と顧客の信頼を勝ち得ることはない。違うか

なぜ、自分はここにいるのか。なぜ、自分は銀行員なのか。なぜ、人を救おうとするのか。

銀行員になりたいとは思わないけど経営者にはなってみたいかも。サラリーマン社長じゃ管理職とかわらないか。

アキラとあきら