blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

「夜行」森見登美彦

なんだかストーリーはよくわからないが幻想的で印象的なお話だった。初めて読んだ作家だけどものすごい怪作がある予感。探してみよう。

夜行