blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

「64(ロクヨン)」横山秀夫

再々再読くらいかな。たまに読みたくなる。読むたびにおもしろい。


組織内部のパワーゲームに正義も不正義もない。しかし警察官個々人の持ち場には厳然としてある。交番には交番の、刑事には刑事の、広報官には広報官の正義と不正義がある。
たまたまが一生になることもある・・。
わかった気がする。D県警の広報官は自分だ。一瞬であろうが一生であろうが、その事実は動かない。

組織への愛情とか仕事へのプライドとか。うらやましい。がんばろう。

64(ロクヨン)