blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

「八甲田山 死の彷徨」新田次郎

雪中行軍の訓練で参加者210名中199名が死亡し、生き残った11名のほとんどが凍傷で四肢切断という日本全体がブラック企業だった頃のリアルデスマーチのお話。何度読んでもあの時代に生まれなかったことを心の底からラッキーだったなと、ただ、それだけを思う。

八甲田山 死の彷徨