blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

「黒い巨塔 最高裁判所」瀬木比呂志

元裁判官が描く最高裁判所と事務総局について描かれた物語。リアリティがある感じがしてとてもおもしろかった。日本の裁判のお話を読むたびに、日本の裁判所で正しい判断がされることはごく稀で、基本的には訴えられたら終り、ということを思う。おそろしい。

黒い巨塔 最高裁判所瀬木比呂志