読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

「社運」長野慶太

まだまだ隠れたサラリーマン小説の良い作家がいるんだなー。池井戸潤の半沢シリーズよりよっぽどリアルな緊迫感。グローバルビジネスとかタフネゴシエーターとか。なにより自分が最もヤル気じゃなきゃ誰も自分に着いてくるわけがないというたぶん当たり前のことを思い出させてくれたり。少しヤル気が出た気がする。

社運長野慶太