読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

映画やドラマ

「REC/レック4 ワールドエンド」

RECシリーズの最終作。1,2の続きの物語。ストーリー的にはあんまりはっきりとしたものはなかったけど、やっぱり主人公のマニュエラ・ヴェラスコが魅力的だった。おもしろかった。 「REC/レック4 ワールドエンド」

「ダイ・ハード」1,2,3,4.0

DTVで久々に見た。KKD(経験と勘と度胸)と屈強な精神力と体力に基づく思考力と実行力みたいな。学生時代にただ見てただけの自分をアホかと思う。 「ダイ・ハード」

「アメリカン・スナイパー」

イラク戦争で「史上最高の狙撃手」と呼ばれたクリス・カイルの一生を描いた物語。戦争映画史上最高の興行収入ということで「プライベート・ライアン」並みの衝撃を期待していたけど、戦争シーンもPTSDの描写もかなりあっさりだった。戦争映画というよりも愛…

「レディ・ジョーカー」(ドラマ)

高村薫の原作はだいぶ前に何度か読んだけどドラマもとてもおもしろかった。日本の社会の暗闇の深さ、それでも正しいことをしてその報いを受ける人々。ふつーのサラリーマンとは縁のない正義の物語。 「レディ・ジョーカー」

「マークスの山」(ドラマ)

なんとなく見てみたらなんとなくおもしろかった。戸田菜穂の雰囲気がいい。原作を読み直してみようかな。 「マークスの山」

「マグマ」(ドラマ)

人生を賭けるに値する仕事。すばらしい。尾野真千子と長塚京三の雰囲気がとっても良かった。また原作読んでみようかな。 「マグマ」

「39 刑法第三十九条」

「クライマーズ・ハイ」を見ていて堤真一の他の出演作を見たくなってたどりついた。刑法第三十九条「心神喪失者ノ行為ハ、罰セス 心神耗弱者ノ行為ハ、ソノ刑ヲ減軽スル」・・人が人の心を判断するなんて・・「精神鑑定は、綿密なデータと知識に支えられてい…

「パンとスープとネコ日和」

群ようこの小説を小林聡美が主役でっていうんだからまーこうなることはわかってるんだけど、ほんといいなーこういうやわらかい雰囲気。やりたいように好きなように小じんまりとした自分のお店をやっていくって理想の生き方の一つなのかもしれないなーって思…

「クライマーズ・ハイ」

小説もすごくおもしろかったけど、映画も堤真一と堺雅人といういい役者のおかげでとてもおもしろかった。日航機墜落事故の話というよりも男の仕事と嫉妬の話。新聞記者ってわかりやすくおもしろそうな仕事だよね。そーいえば仕事で怒鳴りあったことってない…

「REC/レック3」

1,2とは違った趣でホラーというよりは人の勇気と愛を描いた物語だった。とてもよかった。 「REC/レック3」

「REC/レック」「REC/レック2」

ブレア・ウィッチ・プロジェクト的な臨場感溢れるホラー映画。主人公の魅力的な女性(マヌエラ・ベラスコ)が恐怖で壊れていくさまがリアルで恐すぎ・・ 「REC/レック」「REC/レック2」

「RED」ブルース・ウィリス

久々の「ダイ・ハード」の頃のプロフェッショナル的なカッコ良さとウィット。ブルース・ウィリス以外にも、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ブライアン・コックス、ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカーという魅力的なラインナップ…

「戦火の勇気」デンゼル・ワシントン、メグ・ライアン

もう何度見たかわからないくらい見てるけど見るたびに心が痛い。20世紀だけで1億800万人以上が戦争で死んでいる。ヴェトナムでは、600人以上の士官が部下によって殺されている。誤射の犠牲者は、20世紀のアメリカ軍死傷者の15パーセントにもの…

「ワールド・ウォーZ」

いかにもアメリカっぽいスケールが大きくてヒーローはいつもカッコよくてラッキーで家族を愛し愛され最後はハッピーエンド的なお話。アラフィフになってもブラッド・ピットはスターのままだった。おもしろかった。 「ワールド・ウォーZ」

「凶悪」

人を殺すことに何も感じない人たちの物語。こわい。 「凶悪」

「リアル鬼ごっこ 2015劇場版」園子温

リアル鬼ごっこシリーズ。バトルロワイヤルのような不条理さがなんとなく好きなんだけど、こいつは全くワケがわからなかった。映像はホラー映画「SAW」を日本のきれいなスタジオで撮ったらこんな感じかという感じ。これおもろいのか? 「リアル鬼ごっこ 2015…

「ヒトリシズカ」

「箱入り息子の恋」という映画で知った夏帆というタレントが出てて目についただけだったんだけど・・一期一会とか運命的なことがとても印象深かった。ちょっとでき過ぎなストーリーだけどいいドラマだった。 「ヒトリシズカ」