blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

「麻雀絶対定跡 〜勝つための50の鉄則〜」梶本琢程

去年あたりからYouTubeで女流麻雀を見るのがマイブーム。超合理的かつ勝負師の魚谷侑未さんのファン。対局で好きなのは豊後無双13万点超えのやつ。

で、いつも解説で登場するのが著者の梶本琢程。とてもおもしろく合理的かつ冷静でしかもやわらかくそして話し過ぎずうるさくないすばらしい解説者。

※スポーツなどのあらゆる競技的なコンテンツで解説がうざいことほど残念なことはない。日本のプロ野球やサッカーなどはその代表例。

ということで興味を持って読んでみた。解説と同じく非常にバランスがよく合理的。麻雀の中級者が一通り打ち方を確認するのに最適な本な気がします。

麻雀絶対定跡 〜勝つための50の鉄則〜

「情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記」堀栄三

戦争の本を読むと日本ってほんとに非合理的で野蛮な国なんだなと思う。まだ100年も経たないんだから今もそんなに変わらないと思っておいた方が良いように思う。「国力判断の誤り、制空権の喪失、組織の不統一、作戦第一、情報軽視、精神主義の誇張」いい加減な判断と欲望で何百万人もの命を奪い日本を敗戦国とした最高責任者は何の責任も取っていない。ひどい話だ。

情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記

「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」西原理恵子

すごい。感動した。壮絶な人生から生み出された名言の数々。とくに最初の「はじめに」が珠玉の文章。


私の田舎はとても貧しくて、子どもの頃、私の友達は大人たちから本気で殴られていた。貧しさからくるどうしようもない怒りや悲しみは、暴力になって、一番弱い者にいく。

みんなひどくイライラしていた。それはすぐに暴力になって、男は女を殴り、最後は子どもにいく。そういう生き方を山ほど見てきた。

働こう。自分でお金を稼げるようになれば、あんなつらい場所には戻らないで済む。もう二度と、あの場所には戻らない。そう心に決めていたからこそ、どんな時だって前を向くことができた。

結婚したからって、そこがゴールじゃない。相手が病気になることもあれば、リストラされちゃうことだってある。どんなに立派な人だって、壊れてしまうことがある。つぶれない会社、病気にならない夫はこの世に存在しません。そうなってから「やだ。私、なんにも悪くないのに」じゃ、通らない。

「王子様を待たないで。社長の奥さんになるより、社長になろう」

女磨きって、エステやネイルサロンに通うことじゃないからね。お寿司も指輪も自分で買おう。その方が絶対楽しいよ。

長い人生、人は何回も転ぶ。その時腐らず立ち上がる方法。どうか、覚えておいて。

頭がいい人だと思う。女性版の中島らもか。女の子だけでなく男の子にもおじさんにも読んで欲しいと思った。

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

「贖罪」

秦かなえ原作のドラマ。「告白」ほどの衝撃はなかったけど、暗いストーリーと雰囲気がとてもよかった。蒼井優の人形っぷりは素晴らしかった。小泉今日子の母親っぷりは・・女優としての限界なのか、子どもがいないせいなのかわからないけど、ちょっと薄っぺらかった。いずれにせよ原作を読みたくなったけどKindle版がやっぱりない。とほほ。

贖罪

「ホルモー六景」万城目学

鴨川ホルモー」の外伝のような短編集。不思議な雰囲気。おもしろかった。本筋とは全く関係ないけどいいセリフ。『しかし、毎日、毎日、よくもまあ、こんなに会議があるもんだ。何かをすることばかり考えて、肝心の何かをする時間がない。愚かだ。非常に愚かだ』

ホルモー六景

「リバース」相場英雄

「ナンバー」「トラップ」の続編。やっと一人前になってきたかと思えばまだまだいろいろ抜けが。でも仕事っていつまでもそんなもんかもしれない。おもしろかった。

リバース

「トラップ」相場英雄

「ナンバー」の続編。警視庁の捜査第二課(知能犯つまり贈収賄、選挙違反、通貨偽造、詐欺、横領、背任、脱税、不正取引などの金銭犯罪、経済犯罪、企業犯罪を扱う)に配属されて四苦八苦していた若手が立派に成長して中堅に。おもしろかった。

トラップ