読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

出世は最高の退屈しのぎ

日記

僕は会社ではほぼ出世頭(最近までずっと最年少管理職だった)かつ就業時間は管理職の中で最も少ない。

出世はコスパが悪い

何年も何年も同じ種類の仕事してると飽きません?出世すると新しい種類の仕事ができるんですよ。

「仕事の報酬はもっとおもしろい仕事」人生楽しいのが一番。出世はその強力な道具だと思います。

「闘うプログラマー ビル・ゲイツの野望を担った男達」G パスカル ザカリー

読書

何年ぶりか・・もしかすると20年ぶりくらいに再読。やっぱりすごい本というか、デビッド・カトラーはすごい。


第一に、品質は、全員の信念でなければならない。トップの経営者から、いちばん下の助手まで、全員の信念でなければならない。経営陣の風向きをいつも気にする気弱な管理者に、用はない。品質面ですこしばかりのことをして、自分が大きな貢献をしたようにみせかけるエンジニアにも、用はない。品質を守るには、勇気が必要なこともある。わたしのプロジェクトのメンバーはだれでも、そのライセンスをもっている。不完全なまま出荷したいというばかがいれば、くたばりやがれと言ってやる

われわれは、ここに仕事をしにきている。腫れ物にさわるように、『調子はどうだい。今日はうまくできてよかったじゃないか。成功してよかったな』とか言って回るのがリーダーじゃない。われわれはこれで、カネをもらってるんだ。だから、全員がいつも、ベストを尽くすことを期待している。自分の仕事をこなすことを期待している。自分の仕事をして、いつもベストを尽くしていれば、文句は言わない。しかし、ベストを尽くさないんだったら、文句を言うしかない

バグを取れ。カトラーが考えていることは、ほとんどそれだけだった。どういう欠陥があって、周囲の人たちを傷つけることがあるにしろ、普通の生活のなかで仕事への集中をさまたげるものを片っ端から封じこめられるからこそ、すばらしい仕事ができる。普通の人たちに偉大な仕事ができないのは、めったにない仕事にとりくんでいるときですら、日常の習慣にとらわれているからである。月並みな仕事しかできないのは、才能がないからではない。意思に問題があるからだ。カトラーはそう考えている。この段階にきて、カトラーはチームの全員がたったひとつのことに注意を集中するようもとめていた。たったひとつのこと、それはバグである。

アラフィフで最先端のコーディングから巨大プロジェクトのPMまで。化け物か。やっぱりデビッド・カトラーはすごい。

闘うプログラマー ビル・ゲイツの野望を担った男達」G パスカル ザカリー

「レディ・ジョーカー」(ドラマ)

映画やドラマ

高村薫の原作はだいぶ前に何度か読んだけどドラマもとてもおもしろかった。日本の社会の暗闇の深さ、それでも正しいことをしてその報いを受ける人々。ふつーのサラリーマンとは縁のない正義の物語。

レディ・ジョーカー

「罪の声」塩田武士

読書

グリコ森永事件をモデルにしたミステリ。「これは、自分の声だ。」・・設定がおもしろくて引き込まれた。

罪の声」塩田武士

「マークスの山」(ドラマ)

映画やドラマ

なんとなく見てみたらなんとなくおもしろかった。戸田菜穂の雰囲気がいい。原作を読み直してみようかな。

マークスの山

「マグマ」(ドラマ)

映画やドラマ

人生を賭けるに値する仕事。すばらしい。尾野真千子と長塚京三の雰囲気がとっても良かった。また原作読んでみようかな。

マグマ

「ダブルマリッジ The Double Marriage」橘玲

読書

橘玲さんの小説なのに国際金融のお話ではなかった。でもとてもおもしろかった。


定年になったとたんに奥さんと別れて、全財産を持ってこっちにやってきて、若い女にはまるってよくあるパターンですよ。結婚して子どもができたあとで別の女に手を出して、女房から文句をいわれて逆上して手をあげる。こっちでは女性に対する暴力は人間として最低の行ないですから、妻の家族や親戚が怒って、罠にはめられて全財産を失う。そんな話ばっかりです。なぜだかはわかりませんが、こういうタイプは元教師が多いんですよ。小学校の校長とか、女子校の教師とか。欲求不満が溜まってるんですかね。親や教え子が知ったら腰を抜かしますよ

日本では小金持ちでもフィリピンでは大金持ち。賢い老後の過ごし方かも。

ダブルマリッジ The Double Marriage