blueskycrawler’s blog

日記と読書の記録

「リバース」相場英雄

「ナンバー」「トラップ」の続編。やっと一人前になってきたかと思えばまだまだいろいろ抜けが。でも仕事っていつまでもそんなもんかもしれない。おもしろかった。

リバース

「トラップ」相場英雄

「ナンバー」の続編。警視庁の捜査第二課(知能犯つまり贈収賄、選挙違反、通貨偽造、詐欺、横領、背任、脱税、不正取引などの金銭犯罪、経済犯罪、企業犯罪を扱う)に配属されて四苦八苦していた若手が立派に成長して中堅に。おもしろかった。

トラップ

「ナンバー」相場英雄

続編が出ていたので再読。警視庁の捜査第二課(知能犯つまり贈収賄、選挙違反、通貨偽造、詐欺、横領、背任、脱税、不正取引などの金銭犯罪、経済犯罪、企業犯罪を扱う)に配属されて四苦八苦する若手を描いた短篇集。人が頑張って成長していく姿。おもしろかった。

ナンバー

「告白」

衝撃のストーリーだった。おもしろかった。松たか子木村佳乃が母親役で怪演。逆バージョンも見てみたい感じ。しかし、母子の愛情ってすごいんだな。『心の弱い者がさらに弱い者を傷つける。傷つけられた者は耐えるか死を選ぶしかないのか。いや、君たちが生きているのはそんな狭い世界じゃないんだ。今いる場所が苦しいのなら、別の場所に避難してもいいんじゃないか。』秦かなえの原作を読みたくなったけどKindle版がなかった。とほほ。

告白

「ガラパゴス」相場英雄

震える牛」の続編?派遣社員と正社員のお話。ものすごくおもしろかった。


普通に働き、普通にメシが食えて、普通に家族と過ごす。こんな当たり前のことが難しくなった世の中って、どこか狂っていないか?

自由で実力主義な世の中になった反面、運や能力に見放された人たちには厳しい世の中、ということかな。

ガラパゴス

「不発弾」相場英雄

なんだろう。立身出世の物語なのかなんなのか。よくわからなかった。


幸せは自分で作れ。そんなもんは他人からもらうもんじゃない

社員は今までの三倍働け。部長や常務は一〇倍は働け。俺はそれ以上に働くから

長くサラリーマンをやっていると、人間のやっかみや嫉妬の凄まじさを肌身で知っています

結局、ごつごつした手を持つ下層の人間が這い上がるには、同じランクの人間を食い潰す必要があるのだ

たとえ生真面目な人がいたとしても、企業という淀みの中にいれば知らず知らずのうちに汚れます。特に、日本の企業は淀み、いや泥濘の状態が酷い。要はごまかせるものはごまかそうという風土があるのです

サラリーマンでもそうでなくても偉くなって稼がなきゃつまらないよね。

不発弾

「震える牛」相場英雄

あれ?これ読んだことなかったけ??ってか相場英雄ってこんなおもしろかったっけ???ってな感じ。ミステリとしてめっちゃおもしろかったし、取り上げられてる社会問題もとても興味深かった。

震える牛